赤十字病院 東部ブロック合同 看護師 求人情報 n-jrc.jp

赤十字病院の看護師を募集、採用情報・求人情報、茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・山梨県

小川赤十字病院(2015年2月)

認定看護師の紹介

専門領域 認定看護師 活動紹介
感染管理 志村 和美
感染管理認定看護師
入院されている患者さんと病院職員を中心に、感染症の伝播を少しでも低減し、安全・安心な医療の提供が出来るよう、感染対策チームそして各病棟の感染リンクナースと共に、組織横断的に院内感染対策を推進しています。また、院外からの相談への対応、研修会の実施など、院内だけでなく地域における感染防止対策に関する活動も行っています。
少しでも多くの方を感染症から守るために、日々精進していきたいと思います。
がん化学療法看護 田中 純子
がん化学療法看護認定看護師
当院では色々な癌に対して抗がん剤治療を行っています。現在は支持療法が進歩し、外来でも抗がん剤治療を行う事が出来るようになりました。そのため、患者様とご家族の方で副作用症状へ対応する必要があります。患者様とご家族の方は病状だけでなく、抗がん剤治療による不安を抱えて生活しています。そのような方々の支えになれればと考え、2010年に認定資格を取得し、入院や外来で抗がん剤治療を受ける方々の意志決定・副作用マネジメント・精神的ケア等を行っています。
緩和ケア 矢嶋 宏江
緩和ケア認定看護師

私は2010年に資格を取得させて頂きました。緩和ケアとは、終末期だけでなく、疾患の早期から患者様とその家族に対するQOL改善のためのアプローチをいいます。
緩和ケアはトータルペイン(全人的苦痛)の視点からアプローチを必要とするため、医師や薬剤師、MSWなど他職種と連携しチーム医療を提供していくことが重要です。
緩和ケアを受ける対象の方々の身体的苦痛や気持ちなどに常に寄り添い、その人らしい生活を送っていただけるよう日々活動しています。

認知症看護 大石 留美子
認知症看護認定看護師
現在、認知症患者は462万人といわれています。また、認知症になる可能性がある軽度認知症障害(MCI)の高齢者も約400万人と言われ、65歳の4人に1人が認知症とその予備軍になり、今後も増加し続けると推計されています。当院も例外ではなく、認知症のある患者さんの割合は、年々高くなっているのが現状です。
入院という環境によって、せん妄やうつ、行動心理症状などを起こすことは少なくありません。こういったなかで、認知症の方がその人らしく、情緒的に安定した日々が送れるような入院環境を作っていくことが、自分の役割の一つであると考えます。スタッフの皆さんの協力を得ながら、認知症のある方とその家族の方へ支援を送っていきたいと思います。
糖尿病看護 金子 貴美江
糖尿病認定看護師
私は、外科病棟勤務中の平成17年に糖尿病看護認定看護師資格を取得後、内科外来に異動し療養相談室を開設、糖尿病患者さんのサポート体制を整えてまいりました。
その後、平成19年には院内全体の糖尿病看護の充実をめざし「糖尿病リンクナース委員会」を立ち上げ病棟スタッフの糖尿病患者さんに対する意識改革に努めてきました。
以前は、糖尿病に関心がなく「簡単な病気」と、捉えていたスタッフも「糖尿病リンクナース委員会」で発信するニュースレターや、糖尿病に関するヒヤリハットの分析内容に関心が高まり、糖尿病看護を学ぶスタッフが増えてきました。
現在の私のポジションは、糖尿病認定看護師専従として病棟スタッフや糖尿病患者さんの支援に携わっています。病棟スタッフが自ら工夫して、高齢糖尿病患者さんの指導教材を作成したり、インスリン自己注射の指導を行うなど、以前と違った様子を嬉しく思いつつ認定看護師としての仕事にやりがいを感じる毎日です。
皮膚排泄ケア 久保田 雅美
皮膚排泄ケア認定看護師
バナー
バナー
バナー
バナー

PDFの閲覧について

Get Adobe Reader
PDFの閲覧には最新のAdobe Readerをご利用ください。

携帯サイト

携帯用QRコード
携帯でご覧の方はこちらのQRコードをご利用ください。