さいたま赤十字病院の特徴

【さいたま赤十字病院について】

さいたま赤十字病院は2017年にさいたま新都心駅から徒歩4分の場所に新築移転しました。
高度救命救急センター、県立小児医療センターと連携した総合周産期母子医療センターを有する病院です。
一人でも多くの患者を救命すること、赤ちゃんとお母さんの命を守ることを使命とし、高度な医療・看護を提供しています。
また、基幹災害拠点病院として救護班や埼玉DMATを常備し、県と連携して災害時には迅速に救護活動を開始できる体制を整え、赤十字の使命である災害医療の中心的役割も担っています。
その他にも、地域がん診療連携病院として高い専門性を持ち、サイバーナイフやPET/CT装置の導入でがん先端医療も提供しています。

【看護部長:渡辺まゆみより】

さいたま赤十字病院の看護部には現在、800名以上が所属しており、病院の中でもっとも大きな部門です。毎年、たくさんの新人看護師の皆さんが入職していますが、現在働いている看護師とともに成長し、数年先の自分の未来を明るいものにしていける、そんな病院を目指しています。

当院がこれまでの機能を維持しながら、さらに地域に密着した病院であり続けるためには、当院で働く「ひと」が大切です。
新人から管理職まで、皆が自信を持って看護を提供しながら、共に成長できるようサポートしていきます。そして、さいたま赤十字病院を「看護で選ばれる病院」にしたいと思っています。
当院は、とても長い歴史があり、その中でも「看護の力」を大切にしてきた病院です。これからも、「さいたま日赤の看護師さんて良いよね!」と言って、多くの患者さんがいらしてくれる病院にしていくことが、願いでもあり、使命でもあります。
私たちと一緒に、「看護で選ばれる病院」をつくり上げていきましょう。

インターンシップ・見学会・就職説明会・採用試験の日程

詳しくは当院看護部HPをご覧ください。

募集職種・給与

詳しくは当院看護部HPをご覧ください。

待遇

詳しくは当院看護部HPをご覧ください。

募集要項

詳しくは当院看護部HPをご覧ください。

病院概要

病院名 さいたま赤十字病院
ふりがな さいたませきじゅうじびょういん
病院種別 総合病院(急性期)
開院日 昭和9年7月
看護部長 渡辺まゆみ
職員数 1532名(うち看護師861名)
病床数 638床
患者数
(1日平均)
外来 1,378名(平成29年度)
入院 587名(平成29年度)
看護方式 固定チームナーシング
診療科目 消化管内科 肝・胆・膵内科 血液内科 糖尿病内科 神経内科 外科 乳腺外科 整形外科 心臓血管外科 脳神経外科 呼吸器内科・外科 産科 婦人科 小児科 救急科 精神科 放射線診断科 放射線治療科 口腔外科 リハビリテーション科 麻酔科 緩和ケア診療科 他
センター・施設 高度救命救急センター 総合周産期母子医療センター 内視鏡センター 他
看護体系 7対1入院基本料

 

お問い合わせ

【採用窓口】
採用担当 病院見学会については看護部 採用試験については人事課
電話番号 看護部:048-852-1111(内線20731) 人事課:048-852-1111(内線20753)
メールアドレス kangobu@saitama-rc-nurse.com
ホームページ http://www.saitama-rc-nurse.com

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    確認用メールアドレス (必須)

    電話番号

    題名

    メッセージ本文

    下記にチェックを入れてから送信してください。

    【所在地】
    郵便番号 338-8553
    住所 埼玉県さいたま市中央区新都心1-5
    アクセス JR線さいたま新都心駅から徒歩4分