赤十字病院 東部ブロック合同 看護師 求人情報 n-jrc.jp

赤十字病院の看護師を募集、採用情報・求人情報、茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・山梨県

キャリア開発ラダー

赤十字医療施設「キャリア開発ラダー」推進について

看護実践者のキャリア開発は、施設が求める看護職像と個人が求める看護専門職としての目標をすり合わせながら、看護職個々の自己研鑽とそれを支援する施設の教育システム等によって行われ、看護職みずからがそのシステムを活用しながら能力を獲得していくことが重要です。

各施設の担当者はキャリア開発ラダーを理解し、情報交換・問題のすり合わせを行い、どの施設も同じ水準の継続教育がおこなわれるよう問題解決に向け、取り組んでいます。

看護実践者のキャリア開発ラダーは、5段階の到達目標(レベルI~V)を設定し、目標を達成するための教育研修と一対になっており、職場の上司や先輩の支援を受けながら、段階的に取り組むことができます。また、平成21年度からは、看護管理者や国際救援活動に参加する看護職のキャリア開発のための教育も整備し、管理者ラダーは平成22年度から、国際ラダーは平成24年度から各施設での運用を始めています(表1参照)。

「赤十字施設のキャリア開発ラダー」の導入により、看護職個々が自分のキャリアを自分で開発できる体制を整えています。

赤十字医療施設「キャリア開発ラダー」

* この図は、日本赤十字社のキャリア開発ラダーには、①看護実践者、②看護管理者、③看護教員(専門学校)、④国際活動要員の4コースがあること、どのラダーも実践Ⅲまでは共通であること、各ラダーには何段階あるのかという事を示している。

* 各ラダーの最終レベルまでの高さ、およびラダー間の横の関係性は表現していない。

バナー
バナー
バナー
バナー

PDFの閲覧について

Get Adobe Reader
PDFの閲覧には最新のAdobe Readerをご利用ください。

携帯サイト

携帯用QRコード
携帯でご覧の方はこちらのQRコードをご利用ください。