日本赤十字社医療センターの新人看護師の声

11A病棟(整形外科):秋山瑞穂

同期入社の同僚とともに

【日本赤十字社医療センターの特徴】

真剣に記録しています

真剣に記録しています

当センターは、がん・周産期・救急領域における医療を中心とする赤十字社の急性期病院です。最近では生体肝移植に取り組み、「スーパー総合周産期センター」の指定を受けるなど、超急性期にシフトしてきています。看護職員の教育には実績があり、キャリアアップを目指す看護職員が全国から多数集まっています。

 

【就職活動をされている方へ】

未熟な私ですが、患者さんの前ではいつも笑顔・丁寧な態度を心掛けています。また自分のすることに対して、最後まで責任を持つようにしています。学生の頃に描いた理想からは程遠いですが、努力する毎日です。

同期入社の同僚と

同期入社の同僚と

看護学生の皆さんは、就活や国家試験の準備に忙しい毎日だと思います。学生時代の経験に無駄なことはありません。しっかり学んで、しっかり遊んで、残り少ない学生生活を大切に過ごしてください。

関連記事

  1. 武蔵野赤十字病院の新人看護師の声

  2. 足利赤十字病院の新人看護師の声

  3. 小川赤十字病院の新人看護師の声

  4. 原町赤十字病院の新人看護師の声

  5. 大森赤十字病院の新人看護師の声

  6. 深谷赤十字病院の新人看護師の声